05 よくあるQ&A

  • Q

    コモハウスの特徴は?

    A

    弊社は設計事務所であり、建築を請け負う工務店さんとは別契約となります。
    工務店は提携工務店をご紹介いたしますし、窓口は最後までコモハウスですので、ご安心ください。
    設計する住宅は木造の「在来軸組工法」と呼ばれる工法で、最も大事にしている点は「安心・安全・ストレスフリー」の3つです。

    建物の基本性能である「温熱性能」と「耐震性能」は、それぞれ等級を取得します。
    また太陽に対してパッシブな設計や、「柱の直下率」と呼ばれる上下階の柱の位置の構造合理性もプランニングの段階から考慮していきます。
    そして、間取りに関しては回遊動線や家事動線、将来のライフスタイルの変化やリセールも考慮した可変性など、ストレスフリーな生活を配慮したご提案をさせていただきます。

  • Q

    営業マンからの営業攻勢を防ぐにはどうしたらよい?

    A

    住宅展示場や見学会、セミナーなどに参加すると、アンケートに記入することを求められます。このとき、正直に連絡先を記入してしまったばかりに、大変な目に遭われる方があとを絶ちません。どういうことかというと、住所や電話番号を知らせたとたんに、朝から深夜まで次から次へと営業マンの自宅訪問や電話営業攻撃を受けるのです。その結果、「まだ考えたいんだけれど、どこでもいいから早く決めて、営業攻勢から解放されたい」なんて不本意なことにもなりかねません。どうしても住所の記入を促される場合には、自宅訪問や電話営業は一切してほしくないことを伝えたうえで、記入しましょう。こうすると、必要なときだけ接触できます。また住宅会社からの一方的な訪問や電話攻撃を受けずに済みます。もし約束を破って自宅に押しかけてくるようであれば、断ってしまえばいいですし、そうした会社とは今後、永い付き合いはできないと判断できるでしょう。

  • Q

    いろいろな工法やメーカーがあり、結局どこが良いのかわからない

    A

    各社、得意な工法や新しい工法など多岐にわたる為、専門家でないお客様が単純に比較するのは難しいですよね。
    それぞれメリットとデメリットはあるかと思います。
    弊社の最も大事に考えている点は建物の基本性能である「温熱性能」と「耐震性能」ですが、お客様にとって優先的に重要視する点があるはずです。その重要視する点もとに絞っていくと良いかと思います。
    中には私も知らない工法もありますが、他社様の工法でも気になったものがあれば、お気軽にご質問ください。

  • Q

    見積書を出してもらった後で断れる?どのタイミングから有料ですか?

    A

    もちろんお見積書は検討材料の一つですので、提示後にお断りして頂くことは可能です。
    また、他社様との比較検討も遠慮なく行って頂いて大丈夫です。
    他社様との金額を単純に比較して「高い」「安い」ではなく、会社によって断熱の建材や耐震のグレード・仕様が異なりますので、内容も含めて比較してみてください。

    お金が発生するタイミングですが、予算計画やプランの無料相談を1~2回行い、弊社を選んでいただく意思を示して頂ければ、設計・監理契約を結ぶタイミングで費用が発生いたします。
    不明点あれば、お気軽にご相談ください。

  • Q

    住宅ローンを上手に組むにはどうしたらよろしいですか?

    A

    どんなローンを組むにしても、月々の支払い額をオーバー気味にしたり、後々のメンテナンス費用やお子さんの学費まで支払いをあとまわしたりするようでは、「家を建てること」=「苦しい生活」になって、本来の目的とはかけ離れてしまいます。
    支払い額に対する負担は、収入に対して20%~25%以下にすべきです。
    その上で、現在では低金利があたり前になっていますが、数年前は今よりも2~3%も高い金利でした。安定型のローンを組むには、長期固定ローンがお勧めしやすいですし、年齢によっては、定年前までになるべく早く完済してしまいたいという方もいらっしゃいます。

    ご本人様たちのトータルのライフプランニングにも大きく影響してくる住宅ローンですので、住宅ローンのみではなく、家計全体も会社のようにキャッシュフローや資産管理といった視点でファイナンシャルプランナーなどの専門家へライフプランの提案をしてもらうのもおススメです。